平清盛がどのようにして力をもったのか

Featured

平清盛は1118年に、伊勢平氏の棟梁であった平忠盛の長男として産まれました。

しかし母親が誰なのかということは正確にはわかっておりません。

清盛は12歳で従五位下左兵衛佐に叙任しました。

このことについては、周囲の人が驚いていたという供述が残っています。

また石清水臨時祭の舞人にも選ばれましたが、幼少期から平清盛は要職にあった人の庇護のもとで成長したからだと考えられています。

その後は鳥羽法皇第一の寵臣であった藤原家との関わりが強くなっており、貴族の娘との間に息子の重盛と基盛が産まれました。

しかしその後死別したいと考えられています。

またそのころから他の要職にあったものと一緒に、院庁の実務も担当していきました。

また気性が荒かったということから、祇園社に赴いた際に事件があった場合には鳥羽法皇がわざわざ保護を行い、罰金だけに終わったということもありました。

それ以降も平家一族との間ではいさかいがありましたが、関係自体は微妙な均衡のまま続けていきました。

1156年に起こった保元の乱では、平清盛の立ち位置が難しい場所であったためどのような立場にいればいいのか悩んだようだが、結果的には平家一門の結束につとめて後白河天皇の側につき勝利をもたらしました。

それによって役職をもらっています。

またその後も藤原家などとの微妙な関係を続けていく中で平治の乱が起こりました。

この時に反信西派を一掃することができ、急速に政治的位置を高めることが出来ました。

 

しかしその一方で対立していた源氏が勢力を弱めていったため、平家の時代がやってくることになりました

 

3月 19

男性の不妊は調べられます

昨今、不妊は社会問題になっています。男性の不妊は自宅で簡単に調べることができるそうなので、心配な人はそういったサービスを利用するのもひとつです。
http://www.online-kensa.com/

昨年、友人夫婦が不妊治療を諦めずに続けていた末に待望の赤ちゃんを授かったとの連絡をもらいました。年末に出産だったようで、元気な男の子が生まれ、今週末はお祝いで家に伺うことになっています。昨日から春の陽気が感じられ、暖かくなってきたので週末は天気がよければいいなと思います。

不妊というと、平安時代もそういったことはあったでしょうが、治療みたいなのはあったのでしょうか。ちょっと調べてみますと、当時も鍼やお灸などの東洋医学で治療が行われていたようです。というのは、日本最古の医学書に婦人科の記録があることから、平安時代からそのような治療が必要とされていたということでしょう。当時はお産によって命を落とす女性も多かったようです。
私たちを取り巻く環境や生活習慣は当時では考えられないほど変化しましたが、人間の身体は基本的にはずっと変わっていないことに改めて人体の不思議さを感じます。

Continue reading

10月 01

農業を日本で学びたいと思っている人は多いです

現在、農業を日本で学びたいと思っている人は多くなっていると感じます。つい最近までは農業というのは高齢者や地方に住んでいる人だけがやるものだと思っている人が多かったのですが、この頃では認識が変わってきているのではないでしょうか。
どういった点が変わってきているのかというと、農業をしっかりと学んでビジネスにしていきたいと思っているということです。そのため現在では、農業を学校で学ぶこともできるようになっています。その学校でももちろん農業の全般について学ぶことができるのですが、それだけではなく農業経営についても勉強をすることができるようになっています。今からの時代は日本でも農業というものは重要なものになってきていますし、農業でどのように経営をしていくのかということも大事なことだと考える人が多くなっています。

先日の温泉旅行は久しぶりにのんびりゆっくり、身体の疲れを癒してきました。これからまたしばらく仕事が忙しくなるので体調には気を付けて過ごしたいと思います。
Continue reading